存在証明を言の葉にのせて

ありふれた日常を物語に。

プロローグ

最近言葉を組み合わせて文章を作ることに面白さを見出した私はブログというものを始めてみた。意気込みだけはいっちょ前に編集のページを開いてみたものの、特に書くことがなく1時間が過ぎる。今年大学院生になった私は毎日研究室に顔を出し、マイペースに実験を行い、帰って寝る、こんな日常に特筆すべきことがあるはずがない。大学院生っぽく知的なことでも書いてみるか、と思うも自分が学問を語るものおこがましいと断念。早速、軽い気持ちで始めたのを後悔した。気分転換に読書でもするか、と本を開いたとき、私はひらめいた。

「面白いことがないのなら、無理やり面白くするまでだ!」

そうして私は日常を物語として綴ることにした。

 

これはどこにでもいる普通の大学院生がなんでもない日常を少し面白おかしく言葉にするそんなブログである。初心者が書いているのだ、過度な期待はせず、温かい目で見守ってほしい。

次はいつ更新になるのやら、、、。

つづく